広東料理
広東料理は長い歴史を持っており、その起源は今から二千年余り前の漢王朝初期まで遡ることができますし、用量が精細であったり、具が多いし、巧であったり、裝飾が美しいし、鮮やかであったりすることに拘り、調理上には炒め、強火でさっと炒めを主とし、炊き込み、煎じ、焼きを兼ね備えるし、清らかであるが、淺くなかったり、鮮やかであるが、俗っぽくなかったり、柔らかいが、生ではなかったりすることに拘るし、且つ模倣の中で、革新が得意で、品種が色々あり、1965年「広州の有名な料理とグルメ展示會」で紹介したものだけ、5457種類があります。
広東料理には「五つの滋味」(香、ふわふわとして、柔らかさ、肥え、濃さ)、「六種の味」(酸っぱさ、甘さ、苦さ、辛さ、塩辛い、鮮やかさ)という説があります。季節性が強いし、夏と秋は清らかさ、淺さを尊び、冬と春は濃厚を求めるし、且つだんだんと発展し、変化していき、革新性も強い。
朝のお茶
中國社交飲食の慣習には、朝のお茶を飲むことは、広東人の心の中に楽しい気晴らしで、楽しい時間を楽しんでいることです。広州朝のお茶は、長く続けて、盛んで、衰えないし、広東は、昔から貿易が栄えていたり、経済が迅速に発展したりすることと別れられない。広東で、朝のお茶の時分には、色々なビジネスを商談したり、情報を交換したり、友人と団らんしたり、色々な話をしたりすることができます。ビジネスマンは、茶樓を相談する重要な場所とし、普通人はここでストレスを解消し、人生の半日レジャーを獲得します。
樓は広東で代表的、最も伝統的な朝ご飯を食べる場所です。茶樓の中におけるお菓子は何十種類あり、あるものは何百種類もあり、広東で朝のお茶の中における地位もとても重要なのです。お茶のお菓子は、ドライとウェットという二種類に分けられ、ドライお菓子は餃子、粉果(注:餃子に似ているもの)、饅頭、柔らかくて脆いお菓子などがあり、ウェットお菓子は、お粥類、肉類、ギリングゼリー、ビーンドルゼリーなどがあります。その中にまた、ドライお菓子の作りは最も精緻で、見栄えが大変良い。
夜食
広州は不夜城で、広州人がグルメに対する情熱はいつまでも変わりません。朝日は初めて起きる時も、それとも夜中や早朝も、あなたは街角を曲がった後、グルメに出會うことができます。「夜食文化」は、広州で相変わらず栄えており、特に若者に大変愛されている。特にいくつか広州の舊い街において、ネオンが點燈するにつれて、夜市で數多くの屋臺が並べていて、夜食を食べた後、悩みも悲しみもここと一切関係がありません。
広州の夜食文化は、正真正銘の広東料理でも、それとも異國のグルメでも、新鮮で、味のある豚モツ、肥え牛、生牡蠣でも、それとも心まで甘くなるクラシックなデザートでも、広州の街や路地ですべて見つけます。広州で最も有名な夜食の場所は以下がある:
  • 寶業路: 新鮮で、活気のあるシーフード夜食の名所。海珠區寶業路、出品は潮汕料理が多いし、特色ある小炒め物、シーフード、土鍋のお粥を主とします。「鍋の匂い満々」、きっとその一つがお口に合うに違いありません。
  • 沙面: 川の景色を眺めるロマンチックな夜食場所で、広州でヨーロッパ大陸の風情を最も富んでいる場所で、島の上にヨーロッパスタイル建物が150座あり、周囲には水に囲まれ、一つ一つ西洋の古典的な建物は、緑の茂みや花の群れの中に點在していて、環境はとても靜かで、美しい。
  • 芳村: 広州本土の草根グルメの代表で、べた褒めの常連客とその名を慕うため、來た観光客をいっぱい集めます。
  • 石牌東: なんと賑やかな風情夜市であろう、學生及びホワイトカラーの夜食での會食する場所
  • 員村: 真新しい夜食の體験、員村にはいくつも街があり、例えば二橫路、三橫路で、夜食は所々あります。様々なグルメ及びバーベキューは所々見られるし、品種は色々あります。
  • 洛渓グルメ街: 各省の特色ある風味を集めるグルメ街で、グルメ街の內に各地の50余り種類スタイルの持つ料理屋をここに集めております。
鉢料理
広州素切鶏
ぶら下げロースト鵞鳥
スープで焼くロブスター
脆い皮の焼肉
羅漢斎

得心酒家(155歳)

1863年に開業される得心酒樓、インテリアも濃い西関の風情で、飲茶?食はみんなここに來ます。
住所:越秀區恵福西路93號
1人當たり:57元

栄華樓(142歳)

1876年に開業する栄華樓は広東料理を探る寶地だけではなくて、広東劇、広東曲の伝承地でもあります。店內では、3階建ての舞臺が設けられ、定期的に広東曲のショーがあります。
住所:龍津東路708號
1人當たり:51元

陶陶居(138歳)

広州の第十甫路に立地する陶陶居は、そ看板は康有為の直筆で、近代広州の最も早い豪華なレストランであり、その名茶?グルメ及びお菓子は広東省と香港マカオで広く評価されています。
住所:天河區天河路228號正佳広場6階C 059店
1人當たり:101元

太平館(133歳)

百年の歴史を持つ老舗洋食レストランで、周恩來総理はかつて3度來店し、ここではトト鄧穎超と結婚式と行われました!
住所:越秀區北京路342號
1人當たり:95元

蓮香樓(129歳)

1889年、蓮香樓は初めて蓮蓉の菓子を作りました。あれから百年余り、蓮香樓は幾度も風雨を経ていましたが、商売はずっと盛んでいます。
住所:茘灣區第十甫路67號
1人當たり:66元

北園酒家(98歳)

北園酒家は、嶺南的な建築風のある園林式の酒家で、泮溪酒家、北園酒家と一緒に「広州三大園林酒家」と呼ばれています。北園は広東料理を経営して、美しい菓子も抜群で、多彩的な料理で國內外で有名です。
住所:越秀區小北路2008 - 202號
1人當たり:107元

璇璣地中海レストラン

広州で最も高い回転レストランで、優雅なインテリアスタイルで、快適な食事環境で、一サークルを回転すると、1時間30分間かかり、地中海グルメをヒットとし、フランス料理、イタリア料理、スペイン料理など異國風味の料理の他、またクラシックな広東料理があります。シーフード池の上に毎日空中輸送で到著する新鮮で、美味しいシーフード、開放式キッチンの上に輸入してきた生牡蠣、米國ボストンのロブスター、日本の刺身、オーストラリアのサーロイン、ドイツの塩辛い豚の手などのグルメ、ヨーロッパ式回転オーブン上にある匂いのいいバーベキューなど。
住所:広東省広州市海珠區閲江西路222號広州タワー106ビル

泮渓酒屋

景色が素晴らしい荔灣湖パークと連なり、外囲には白い壁、青黒い瓦、緑のガジュマルが重なり合い、ビルの內に更にまるで蕓術の殿堂のようで、ここに華やかで、輝かしい木彫りの庇とまぐさ、金色に浮かぶいくつも色の組み合わせの花窓と定規絵を持ち、すべて珍品に屬するし、ホールの內にまた、數多くの酸枝木の家具、有名人の文字と絵畫があり、極めて中國伝統的な建築の蕓術スタイルを備えます。店內に専門的に経営する特色あるおかず、平価料理の榕苑屋臺があり、豪華で、高級感のある上品的、盛大なVIP受付エリアもあります。
住所:広東省広州市荔灣區龍津西路151號(荔枝灣に近い)

富力麗思カルトンホテル麗軒

初バージョン広州地區『ミシュランガイド』は、すでに2018年6月28日に公式に公布したし、富力麗思カルトンホテルの特色ある広東料理中華料理レストラン麗軒から由來し、「ミシュラン一星レストラン」という栄譽を獲得し、広州でミシュラン一星レストランという栄譽を獲得した8家レストランの一つとなった。麗軒も富力麗思カルトンホテルのアジア太平洋地域で、ミシュラン一星レベル栄譽を持つ第九家のレストランとなった。
住所:広東省広州市天河區興安路3號

シャングリラグランドホテル夏宮

夏宮中華料理レストランは、2018年12月28日初バージョン広州ミシュラン中で光栄にミシュラン食器賞を受賞した。優雅的、風変わりな環境の中で、賓客は正真正銘の広東料理の真髄及び中國各地域の珍味を味わうことができます。
住所:広東省杭州市海珠區會展東路1號
中華料理レストランが20世紀60年代以前に人口に膾炙されるのは、いわゆる「雑煮」です。その後、引き続き多くの茶樓と酒屋を開設し、その料理、お菓子とも香港の基準に模倣する。大都市で、「正真正銘の広東料理」を自畫自賛とする茶樓と酒屋は、數多くあります。前世紀90年代、トロント中華街において、主に作るのは、すべて広東料理です。
ここ數年、中國経済の発展につれて、中國レストランは米國ではすでに萬軒に近いあります;イギリスでは4000軒あります;フランス、オランダではそれぞれ二千余り軒あります;日本では數千軒あります。これらの場所にある中國レストランは、多數が広東式茶樓、料理屋で、ビジネスが盛んです。オーストラリアのシドニー市は、「中華街」の影響の下で、お茶を飲むことはすでに専門的な言葉となり、凡そシドニー市に観光する人は、皆「中華街」へ行って、広東式でお茶を飲んだり、食事をしたりすることをファッションとします。広東料理のその獨特な清らかで、淺い風味は、抜きん出て、「食は広州にある」という暖簾で國內外へ名を馳せます。
澳洲快乐时时是真的吗