広州について
    広州観光おみやげ
    2017-01-16

      広東料理を食べて、涼茶を飲んで、嶺南の果物を食べて、広東風のお菓子を食べる。広州の美食文化は、広州の旅のごちそうになる。嶺南特色を持つ様々なおみやげは、ごちそうにありつく運を続く。

      涼茶

       涼茶は、嶺南人の養生、食療の別のクラシックシンボルである。「薬の寒さ」と「內臓に発生する熱を解消できる」漢方薬を煎じて飲むと、夏に人體の暑さを解消し、辛さに伴うのぼせを解消することができる。広州では、町の涼茶舗で涼茶を飲む事ができる。一番有名なのは黃振龍と鄧老である。持ち帰る場合、王老吉、陳李済、上清飲など涼茶を選択できる。

    花草茶.jpg

      香り干しレイシ

       「嶺南果王」と呼ばれるレイシは広州のおみやげである。陰干しの干しライチは、殻が赤く、肉が黃褐色で、味が甘く、芳しく、「心、腎臓、肝臓や血行を滋養する」役割があり、直接に食べる、水を入れて飲む、または煮ることができる。

      妻ケーキ

      妻ケーキは、糖トウガン、小麥粉、ケーキ粉、麥芽糖、ゴマなど原料で作られ、ケーキ皮が柔らかく、真ん中が滑らかで、味が甘い。昔、相愛の夫婦が暮らすと言われている。妻は父の病気を治るために身を売った。妻を失った夫は、落膽せず、うまいケーキを作った。最後に、ケーキを売ることで稼いたお金で妻を請け出し、改めて幸せな生活を暮らした。今、蓮香樓の妻ケーキは一番有名である。

      広東風月餅

       広東風月餅は1889年に始まり、最初に蓮香樓で作られる。それ以降、他の店はまねて、陶陶居、広州酒家などブランドを形成した。広東風月餅は、薄い皮、柔らかさ、金黃色、きれいなスタイル、精緻な図案を特徴とする。中身は、蓮子、杏仁、塩漬け卵、豚肉などである。現代の月餅は、果物、アワビ、フカヒレ、ホタテ貝など値高い原料を使用している。また、低糖月餅、低脂月餅などがある。

      鶏仔餅

      鶏仔餅は元々「小鳳餅」と呼ばれた。清朝咸豊年間広州西関で伍姓の大金持ちの家に、小鳳という女性労働者が作ったものである。それは、半世紀の後、有名な餅となった。當時、広州成珠茶樓の餅作り人は、月餅作りの原料に豚肉、野菜など中身を入れ、小鳳餅の方法で、「甘くて塩辛い、香りでもろくてさくさくする」新品を作った。

      広東風薫製食品

       「秋になると、薫製食品を食べる」と言われている。広州薫製食品の歴史は長く、世界で知られている。薫製方法を使用し、「酒、醤油、糖などで調理した汁」を使って、肉を2~3日浸した後、乾かすまたは暖める。そのため、味は芳しくて甘い。蒸し、炒め、肉原料など食べ方がある。有名なメーカーは、皇上皇、八百載と滄州など。

    澳洲快乐时时是真的吗